大学院生時に、東南アジアを数ヶ月周遊し、大きな衝撃を受けました。

もっと自分自身の人生について、また育ってきた地域や社会について、真剣に考えなければならないのではないかと。

 

東南アジアでは、私から見て決して豊かとは言えない生活の中で、人々が活き活きと一日を過ごし、子ども達は目をキラキラさせ、学生や大人達が電車の中や酒場で、国のことや将来のことを熱く語り合う状況を目の当りにし、どことなく歯痒さや、自分自身の「将来への無関心」に強い悔しさとやり場のない憤りを感じました。

 

同時に、海外を自由に周遊できる日本のパスポートの価値や、現地、東南アジアの人々と話をすることで、海外における日本の評価の高さに驚きました。先人への感謝の思いと、このままの生活を続けていて世界の中の日本は大丈夫なのだろうかと強く思いました。

 

私の、信念の原点はここにあります。

そして、では、これから、私はどうしていけば良いのか、考えるようになりました。

 

ただ、教科書を覚え、情報を受け入れる毎日を過ごすのではなく、個人としての自分が何をするのか真摯に考え、行動し、また地域や時代に対して一人ひとりが傍観者ではなく、どのような存在であるのかを問い続けられる社会にしていくことが大切である。

 

これが私の信念です。

 

その後、学生時代からアルバイトをしていた学習塾において、学校の勉強だけではなく学力を身につける意味をはじめ、子どもたちへ自分自身のメッセージを伝えることで、日本の社会に貢献できるのではないかと、大手企業への就職を辞め、大学院を中退し、子どもたちと向き合うことに専念しました。

 

塾業を行う中で、子どもたちへの思いを伝えることができているという実感もある一方で、社会への影響の小ささに焦りを感じました。そんな矢先に「先生は、世の中のことについて色々考えているみたいだけど、どうして政治家にはならないの?」という問いをもらいました。

この質問への、答えがそのときの自分には見つかりませんでした。そして、子どもたちの前で口先ばかりの良いことを言っていてはいけない、まず自分から行動しようと決心し、平成22年10月、美濃加茂市議会議員選挙に挑戦しました。

 

大変厳しい選挙でしたが、当選させていただき、それからは日々、本を読みあさり、機会があれば視察、研修。地域の方々の話を聞くことを重ねました。

また、地域のことを自分ごととして活動している人たちにこそ、地域の未来があると強く感じ、活動に参加させていただき、様々なことを教わりました。

 

失敗しながらも、若い仲間と行動を起こす取り組みも行いました。そのような中で、それぞれの分野、それぞれの立場で課題は際限なくあるけれども、一つ一つの課題の本質と、これまでの積み重ねてきたこと、現在あるテクノロジーや情報、環境、そして人々の意見や価値観を繋ぎ合わせていくことが、もっと必要であると考えるようになりました。

 

平成25年4月、渡邉直由市長が病気治療専念のため、市長を辞職されました。市議会議員として活動する中で、いつかは市長に挑戦してみたいという思いを抱くようになっていました。正直、こんなにも早く市長選挙に手を挙げる日が来るとは思ってもいませんでしたが、多くの方々に支えていただき挑戦することができました。

 

そして平成25年6月2日、11,394票を得て、美濃加茂市長に当選させていただきました。

 

平成26年6月 逮捕。

 

世の中の理不尽さと、権力の恐ろしさを、身をもって思い知らされました。多くの方々の力により、復帰することができています。

平和だと思い過ごしてしまう日常の中で、権力の横暴により苦しめられている人がいる、この現状を正していかなければならない。私にはその使命があると思っています。